110歳の愛犬

先日、うちの愛犬があまり元気なさそうだったので、動物病院に連れて行ったところ、
「甲状腺機能低下症」だと診断されました。
「犬の甲状腺機能低下症」について、お医者さんの話を聞いたり調べたりしてみたら、
小型犬~大型犬まで様々な犬種がかかり得る疾患で、特に高齢の犬に多く見られるそうです。

うちの子は、ゴールデンレトリバーで15歳の男の子です。
大型犬なので人間で言うと110歳ほどであるそうで、今まで病気一つしなかったのが、奇跡かもしれませんね。

完治は難しい疾患らしいのですが、薬を飲むようになってからは比較的元気そうです!
散歩の時なんかはけっこうグイグイ引張ってくるぐらいなもんで一安心です。

犬の甲状腺機能低下症の食べ物としては、腸内環境を整えるイモ類が良いとの話もあるので、
蒸かしたサツマイモを少し冷ましてから、食べさせてあげるとガツガツ食べています!

今まで、ドッグフード以外を食べさせたことがなかったので、新鮮なのかもしれません。
110歳にして、初めて違うものを食べたときの驚きはどんなものなんだろう…って感じですね(笑)
元気で長生きしてくれることを願っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ