髪や肌と同じようにまつ毛ケア

「まつ育」と聞くと、アンファーのまつげ美容液が真っ先に頭に浮かびますが、毎日使うものと考えると結構お高いなというのが、当時大学1年か2年の時の私でした。
もっと安くて効果のあるものはないだろうか…と思い見つけたのが、キャンメイクのまつげ美容液でした。量はアンファーのものより少なめですが、比較的安価で、口コミや評価もかなり高めでした。プチプラなのに効果がある!…と。
まつ育方法として最初は夜、お風呂上がりのスキンケアの最後に塗るだけだったのですが、朝も塗ったほうがいいと知り、朝も塗りはじめました。
まつ毛が伸びやすくなる、というよりは、抜けにくくなり必然的に伸びる、というイメージではありますが、今までよりまつ毛の調子がいい気がするというのは間違いなかったです。

小学生か中学生の頃から少しだけスキンケアに興味を持ち始めたものの、当時はお小遣いが少なく買えるものが限られていてどうしても100円ショップ頼りでした。しかし、当時の100円ショップにまつ毛美容液が売っていて、毎日ではなかったのですが使っていました。
ある日友達と100円ショップに行ったときにそのまつ毛美容液を見つけ、「これよかったよ!」と勧めたところ、「そうなの?」と、お前が言うかとでも言うような目で見られたのを鮮明に覚えています(笑)当時は安物を、しかも毎日使わないということで、あまり効果が出ていなかったのかもしれません。
これまで旅行やお泊りなどでまつ毛美容液を利用している友人には出会ったことがありませんが、ビューラーやマスカラ、つけまつ毛などでダメージを与えているので、髪や肌と同じようにケアしてあげる必要があると思います。毎日つけるようになって効果を感じているので、勧めたいです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ