自分の愛車

私の愛車はマツダのアテンザスポーツです。

一度どうしてもアテンザがほしくて買ったんですが、子供ができたために当時の主人に売れと言われ、泣く泣く手放しました。やっと手に入れたアテンザだったのに買って半年で他の人の手に渡ることとなりました。

それから3年後、一度は軽に乗り、その軽にも愛着わいたんですが、やっぱりどうしてもアテンザスポーツの走りが忘れられませんでした。

パソコンのインターネットでずっとアテンザスポーツを見て夢を膨らませていました。ようやく買う決意をしまして、即マツダのディーラーへ足を運びアテンザスポーツに乗りたいということを伝えました。

ですが、私がほしいのは初代のアテンザスポーツ。もう今は3代目のアテンザが発売されていて、新車を試乗させてもらいましたが、やっぱり初代じゃないと嫌だという旨も伝えました。

けど、そのディーラーが持っている中古の初代アテンザが自分の気に入るアテンザではなく、私の希望としては、グレードは23Sもしくは23Z。ボディの色はホワイトパールじゃないと嫌だということを伝えてあったのでディーラー側があちこちのオークションへ足を運んでくれて、あとは値段次第です。

やっぱりいいものは中古でも自分の希望値段より高い。私の希望のボディも値段も合うアテンザスポーツがやっと見つかりました。本当うれしくてうれしくて、今まで頑張ってくれた軽にもありがとうと伝え、アテンザオーナーに戻ることができました。

今乗ってるアテンザはもう売ることは絶対しない、もしアテンザに寿命がきたら、この車のオーナーは私で最後と考えているので絶対売ることはせず、さようならしたいと思っています。それまで長く私の元で頑張ってほしいと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ