家族全員で収納名人になる

この時期になると、夏と冬のものが入り混じってしまいます。
急激に冷えると、温かい衣類を出す。
逆に暑くなると、涼しめの服を出します。
おかげで物が部屋中に、散らかってしまいます。
どうしようもないので、時間を見つけて片付け物を始めました。

片付けは好きなほうですが、
色んな物が出ていると面倒になってしまうたちです。
時間がない時は、ついついほったらかしになってしまいます。

この世には収納名人がいますが、
どんな風にしているのでしょうか?
ちょっと調べてみました。

収納名人は、
出した物を所定の位置に戻す習慣を徹底しているそうです。

まずは収納する場所をあらかじめ決めて置いて、
絶対に場所を変える事がないようにします。
それを家族全員が一つのルールとして、
守ることから始めます。

家族全員が守る事が、
収納名人になる秘訣なのだそうです。

初めの頃はついつい自分で片付けてしまいがちですが、
それを続けていても疲れるだけです。
片付けが出来ない人は、
自分だけのルールを作る事が多いそうです。
それでは、都合がいいようにルールを捻じ曲げてしまう事が多くなります。

そうなると、あちらこちらに収納してしまい、
結局は探す時間がかかってしまう事になり、
片付ける時間が無くなるのです。

家族で一つのルールにするという事は、
人の目があると、面倒でもやる気になるという心理を付いた方法でもあります。
こういった習慣づけは、何も収納だけではありません。
決め事は家族一緒のルールを作った方が長く続くようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ