学生時代の友達と食べた東南アジア料理

この前、学生時代の友達と会って東南アジア料理を食べました。
昔から友達も私も辛い食べ物が大好きです。
トムヤンクンとか、ガパオライスとか、何度食べても飽きないんですよね。

東南アジアの料理は香辛料が独特で、時々どうしても食べたくなる瞬間があります。
あれを自宅で調理するのはむずかしいものなのでしょうか。
東南アジア料理のインスタント食品を何度か買ったことがあります。
でも、現地や日本のレストランで食べる味とはだいぶ違う感じがするのです。
スーパーで東南アジア料理を作るための香辛料を見かけることがありますが、まだ一度も挑戦したことがありません。
どうせ食べるならおいしく出来ているものが良いのであえてトライせずにいます。

香辛料のほかに、東南アジア料理の特徴的なものとしてパクチーがありますね。
私も友達もパクチーが大好きです。
先日一緒に東南アジア料理を食べた時も、店員さんに「パクチー多めで!」とお願いしたほどです。
そんなお客さん、なかなかいないのではないでしょうか。
どこの店でも対応してくれるのかは分かりません。
そのお店の店員さんはとても感じが良くて、快く私たちの要望に応えてくれました。

その日、友達がパクチーのサプリメントを愛用しているという話になりました。
私はパクチーのサプリメントなんて聞いたことがなかったのでビックリです。
友達が愛用しているのは「パクチーエナジーゴールド」という商品だそうです。
国産の材料で作られていることに惹かれてこの商品に決めたとのことでした。
活性酵素サプリの効果が美容に良いとは聞いたことがあるけど、パクチーのサプリメントでそれを補うというのは予想外でした。

そろそろアンチエイジングの対策を考える年齢になってきた気がします。
私もパクチーのサプリメントを試してみようかな、ちょっと情報を調べて検討してみます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ