営業成績抜群だったのに

近所で舗装工事があったときに見かけた警備の方が、半分くらい女の人で驚きました。
昔は考えられなかった仕事でも、最近では女の人がやっているのを見かけますよね。
公共交通機関やタクシーの運転手さんや乗務員さんが女性だとなんとなく嬉しいような気がします。

かといって家事・育児を男の人がやっているわけでもなさそうで…。
スーパーで見かける子どもたちはほとんどお母さんと一緒に来ている感じ。

男性と同じような仕事もしてプラス家事に育児…。
仕事をもつお母さんと話をしていると十中八九、旦那は何もやらなくて…という声。
そう言いながらすべての仕事をこなしちゃうお母さんたちはすごいですよね。

学生の時の友人で仕事をはじめたらものすごい営業成績の良かった女性がいますが
結婚して子供ができたときに仕事を辞めてしまいました。
子どもはもう小学生になったと思いますが、家計は大変なようで
旦那さんに家事・育児をしてもらって、仕事に戻りたいと言っています。

家事・育児もしながら仕事を持つのはパワフルな彼女でも厳しいとわかっているので
旦那さんの手を借りたいようですが、家事への参加はなさそう…。
苦肉の策でグランというところで自宅でできるメールレディをはじめたのですが、これが彼女にぴったりでした。
営業の仕事で培った話術のせいなのか、もともと素質があったのか、かなり稼いでいるみたい。

元の仕事に戻らないのか聞いてみましたが、
子供が大きくなって手が離れたら戻ろうかなーと言っていました。

いちばんいいのは子どもができたときに出産・育児休暇が取れることなのでしょうけれど
中小企業では厳しいことは分かりますし
大企業でもいざ取ろうとするといざこざがあるようですよね。
女性の仕事への参加は、まだまだ大変な問題が多いなあとつくづく思います。

なんの問題もなく女性が仕事できるようになったら
日本の景気も少しは回復するような気がしますが、そんな簡単にはいかないですかね…

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ