七五三の由来

猛暑も終わり、秋も少しずつ深まって、紅葉の季節となってきました。秋になるとスタジオ写真館に、スーツを着たお父さん、お母さんと、着物を着たお子さんで賑わっています。七五三の撮影だと思うと、ほほえましいですよね。

最近の七五三は、神社やお寺に晴れ着を着てお詣りをして、千歳飴をもらうというだけではなくなってきています。

前撮り写真といって、前もってスタジオで衣装を着て、撮影を行うのが、普通になってきています。また、お詣りをした後などに、ホテルやレストランの個室などで、祝いの席を設け、双方の親を呼んで盛大なお祝いをすることも。

子どもの成長を祝うもっとも大きなイベントのひとつとして、定着してきているようです。ホテルなどでは、写真撮影と、個室での食事がセットになったプランもあるほどです。

七五三直前の土日になると、スタジオ写真館は、七五三の撮影でほぼ予約でいっぱいとなってしまいます。七五三の場合は、衣装の試着などに、何度も通う必要があるケースもあります。子どもですので、撮影には時間もかかります。

特に三歳は、イヤイヤ期真っ最中であるため、ピーク時には少し疲れたお父さんの姿も見かけることもありますね。そのため、前撮りは、余裕をもって予約することが大切かもしれません。夏前に撮影を済ませる場合もあります。

しかし、あまりにも早いと、子どもは成長が早いので、顔も変わっていくので、写真と、七五三のお詣りの雰囲気が違うこともありえます。そうなると、どちらが良いのか考えものではありますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ