ハロウィン

ハロウィンは、子供たちはお菓子がもらえる日だと喜んでいます。
幼稚園児のころは、親が計画し、ハロウィンパーティーをしました。公民館の部屋を借りて、親子で仮装しました。娘は、ディズニーのプリンセス、ベルのドレスを着せました。おさがりでもらったものが家にあったからです。

帽子は手作りしました。100円ショップでフエルトを買いました。オレンジと黒色です。オレンジ色の帽子に、黒でリボンを付けました。親子で帽子をかぶりました。

余ったフエルトで、オバケかぼちゃのペンダントも作りました。オレンジ色で作ったかぼちゃの中には綿を入れて、いびつな形を作りました。黒で顔を作りました。

パーティーは、ケーキのデコレーションをしたり、ゲームをしたり、ビンゴをしたり、絵本の読み聞かせをしたりしました。魔女の衣装を着たママは、ポップコーンの機械を持ってきて、みんなの前でポップコーンを作ってくれました。

ゲームでは、子供の声あてゲームをしました。後ろを向いてママたちは待ちます。子供たちが順番に、「トリックオアトリート」と言っていきます。自分の子供だと思ったママは、手をあげます。なかなか当たらないのが面白いです。もし違っていたらどうしようというドキドキ感が、楽しい雰囲気を盛り上げます。

最後にみんなで、記念撮影をしました。それぞれ、思い思いの衣装を着ているので、個性が出ます。親子で楽しいハロウィンができました。
今年は、子供が計画したパーティーを開く予定です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ