シンプルに、イエスかノーかで考えるクセ

社会人として働くようになってそろそろ20年になりますが、仕事が早い人と遅い人の違いについて考えることがよくあります。私は今でも仕事が早い方ではないのですが、以前から本当に仕事の遅い人間でした。上司からはよく、「物事をシンプルに捉えろ」と言われていました。
仕事に時間のかかる人というのは大部分が「取り掛かるまでに時間がかかる人」と言い換えることができます。実行に移すまでに、そのタスクのゴールまでの筋道を必要以上に綿密に詳細に考え、迷いが出たら可能な限り調べ尽くさないと不安になるタイプで、私はこれに当てはまりました。ネガティブ思考だったのだと思います。
シンプルに、イエスかノーかで考えることを意識すると、結局のところ「やるかやらないか」に行きつきます。仕事ですからやらない選択肢はありません。なので、「どうやったらそれが実現可能になるか」という思考回路に変わりました。
その結果、不要な迷いの時間が減り、仕事への意識も変わったように感じています。

この、物事をシンプルに捉えることをクセ付けることができると、「仕事が早くなる」という効果の他に「当事者意識が芽生える」という効果も実感しました。上記のように、どうやったらそれが実現可能になるか、できない理由よりも、できる根拠を探すようになります。
それにより、クライアントにどのようなメリットがあるか、仕事における自身の価値などを考えるようになり、しいてはこの仕事は会社の看板を背負って自分が行っている、という意識にまで変化したと感じています。最初は単純にシンプルに、仕事を早く進める意識付けの手段だったのですが、仕事に対する潜在意識にまで変化をもたらした、現在の思考の根本的な考えとなっています。
迷いそうになった時、いつも戻る原点のような言葉です。

とはいっても、そのような上司に誰もが出会えるとも限りません。潜在意識を変えるには、 ザ・シークレットサブリミナルCDなどを使うことも効果的のようです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ