よく変な夢を見る

今日も変な夢を見ました。
怖い夢もよく見るけど今日は、私は学生時代に戻っていて学園祭の前日という設定。
明日学園祭で劇を披露する事になっているはずなのに、私はセリフも舞台の立ち位置も何もかもまだ覚えてない!
今から頑張って覚えなければ!という夢です。

この夢を見るのはもう何十回目で、夢の中で当日を迎える事はありません。
昨日も当日を迎える事はなく、どうしようどうしようと思っていたら目が覚めました。
なんとも心臓に悪い夢です。

その他にも怖い夢いっぱい見ます。
もともとホラー映画が大好きなのでその影響かもしれません。
その夢の中で印象的なものを紹介します。

バトルロワイヤルが流行っていた時の事です。
私の学校でもバトルロワイヤルが始まり、私の武器は短いナイフでした。
私と1人の友人はみんなを殺す事が出来ずにとりあえず逃げる選択をします。
そんな時に担任の先生に遭遇。

先生は「私がいるから大丈夫」と言ってくれていました。
しかし校内放送が流れ、「今から生徒ではなく先生と殺しあってください」との事。
すぐさま先生から逃げる私達。

急に友人が逃げるのをやめ一言、「もうやめよう、このまま間違って誰かを殺してしまうぐらいならここで死ぬ」と。
そして友人は友人の武器の弓矢を先生に渡し、弓に撃たれます。
そのまま少し暴れて動かなくなってしまいました。

次は私の番。
私はナイフを先生に渡し、先生が私の心臓に向かってナイフを刺す!
グっと鈍い痛み(というかなんか重み)を感じて「あぁ私の人生ここまで」と思っていたら目が覚めました。
当時学生だった私には本当に恐ろしい夢でした。
本当に自分は死んでしまったと思いました。

もう1つ紹介します。
舞台は遊園地。
家族で楽しく遊んでいたのですが、遊園地に突如猟奇的殺人鬼が現れたとの事。
周りの人もキャーキャー言いながら逃げ回っていました。
もちろん私達家族も逃げます。

知らない何人かが捕まって殺されてしまい、とても恐怖でした。
なんとか逃げ切り、私達家族は無事に家に帰りました。
その日は怖いから家族みんなで寝ようねと言って同じ部屋に布団を敷いて寝ました。
するとその部屋の扉が開いて、見えたのはチェーンソーを持った殺人鬼!
逃げ切れてはいませんでした。

一番最初に切られたのはお父さん、次にお母さん、お姉ちゃん
もうやめて!何回も何回も叫びましたが叫びは届かず。
ついに私の番です。
こんな辛い思いをするなら早く殺してくれと思っていました。
でも怖いので頭とお腹を守る体勢でうずくまっていました。

そしたらきた!チェーンソーのすさまじい音と背中を切りつけられた痛みと熱さ。
背中が痛いけど燃えるように熱い!
もうダメだ。きっと今度こそ死んだ。と思っていたら目が覚めました。
大人になってから見た夢でしたが起きた時には汗びっしょり。
こんな夢ばかり見て、病んでいるのでしょうか(笑)。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ