どうしても二重に。

昔から、一重にコンプレックスがあり、二重になりたい一心でいろいろなことを試しました。

一重だった女優さんや歌手が、『アイシャドウをしていたら二重になりました』と言えば、化粧が下手で嫌いなくせに、アイシャドウを塗り、そして笑われ、
笑われた割には、全く二重になる気配すらなく、アイシャドウ代がもったいなかっただけになりました。

一重だった友達が、花粉症の時目を掻きすぎて、片方だけの変な二重になったのをうらやましがって、怒られ、
確かに、片方だけというのは本人にとっては不本意ですね。それは反省しました。

最終的に自分で考えた、『通勤電車で、スプーンを瞼に押し付け、二重の線を定着させる』という試みも、ブレーキのたびに、目の中をスプーンで突いて、
痛くてやめてしまいました。
家にいるときにすればいいと思ったのですが、家にいてじっと座ってる時間もなく、お風呂しかないと思いましたが、湯気で手鏡が全く見えずやめました。

親戚に、逆さまつ毛の為二重の手術をした人がいるのですが、だんだん二重の線が緩まり、今では一重みたいになっていたのを見て、
痛い思いをして(麻酔の注射とか)何回も手術するのは怖かったのと、子供が生まれたときに、子供が一重だったら整形がばれる。と怖くて、結局断念しました。

私にとっては最終手段である、日中に使えるという、液を塗って乾かして線を定着させる物。
試しました。
失敗しました。休みの日でよかったです。

塗って少ししたら痒くなってきたのですが、まさかこのせいだとは疑いもせず、外出先で普通に掻いてました。
するとだんだん目の上が熱くなってきて、近くにいた友達が『なにその目』というので鏡を見たら、はい、腫れています。
コンプレックスの一重なんて問題じゃないぐらい、腫れぼったすぎる一重になっておりました。
病院で、私の肌が太陽+薬品関係に弱いとわかり、日中にするのは危険と判断されました。

もう二重は無理かと思っていたところ、最近、ナイトアイボーテで二重にするという方法を知りました。(二重になる方法はこちら
ナイトということは寝るとき?と思って詳細を見たら、寝る前に癖付けをして、起きたら線がついているというものでした。
私用に作ってくれたのか?と思うほど、何の文句もない商品。
もっと早く出会えていたら、人生変わっていただろうな。と思う今日この頃です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ