「元気な女の子ですよ」に「ええっ」と言ってしまいました

シルキーカバーオイルブロックご購入はこちらから

1人目の子がお腹にできたときは男でも女でもどちらでもいいと思っていましたが
その子は女の子だったので、2人目のときはちがう性別もおもしろそうと考え、
できれば男の子がいいなーと思っていました。

検診の時になにげなく先生に聞いてみたら
なんかついてるっぽいですよ、との話。
お腹から出てくるまで男の子と信じて疑っていませんでしたが
実際生まれたのは女の子でした。

そんな子供たちは最近、毛穴が気になるーとか二重にしたいーとか言い出して
いろいろな化粧品や美容グッズを仕入れてきます。
やはり女の子は教えなくても年頃になると見た目を気にするんですね。

化粧品は私もキライではないので、どんなのを買ってきたのか見せてもらいますが
興味深かったのがシルキーカバーオイルブロックという化粧下地。
心の中では”若者は化粧で隠さなくても…”なんて思いつつ、
今度気合い入れたいときに、貸してもらおうかとw

職場の若い女の子たちが化粧やヘアスタイルに毎日気合い入れて出勤するのを見て、
子どもたちも働くようになったらこんな感じなのかと
もう母親というより、おばあちゃん(!?)的に暖かく見守ってしまう今日この頃です。

ちなみにお腹にいるときに男の子という判断はあまり間違えることはないそう。
男の子はでっぱりがあるから(笑)のようです。
今の画像診断はもっとはっきり分かるのかもしれないですが、
当時は白黒の画像もイマイチ不鮮明なものだったので、残念ながら外れてしまいました。

今となっては女の子2人仲よくしてくれているので、
あの時男の子じゃなくて良かったなと思っています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ